採用情報

ミッション1mission1

最短で自己実現する
道を描け。

若くして責任者となった先輩たちには、
夢と熱い思いがあった。

まずはそこから、
君自身のキャリアパスを始めてほしい。

ジョブローテーションを可能にする
2大グループとの連携

36歳で高等部集団指導部門
2,700名の運営責任者に

高等部運営統括部 次長橋本 雅史

ライブ授業こそ私の原動力
生徒一人ひとりの目の輝き、そして努力の証である汗や涙を肌で感じながら繰り広げるライブ授業こそが、私の教員としての原動力です。ライブ授業だからこそ、生徒は自分の卒業した教場を「学び舎」と感じ、私のことを「自分の先生」だと慕ってくれるのだと思います。
商品開発より教育の道を選んだ
大阪大学、大学院在学中の6年間、非常勤講師として創学ゼミで数学を担当していました。大学院では化学工学を専攻し、「ものづくり」を通して世の中に役立つ商品開発をしようと考え、卒業後はあるメーカーに就職することを決めていました。しかし当時の上司から「私と一緒に創学ゼミを兵庫県下No.1の現役合格予備校にしてほしい」との話をいただきました。本当に悩みましたが、上司に声をかけてもらえたこと、生徒からの「ありがとう」の言葉が忘れられず、創造学園に就職することを決めました。
衛星授業には一度も負け知らず
入社2年半後に加古川校(兵庫県加古川市)の責任者になりました。加古川校の目の前には、日本一の生徒数を誇る衛星予備校の校舎がありました。私は「ライブ授業一本」で、その衛星予備校より多くの高校生が通ってくれる校舎にすること、そして大学進学実績でも負けないことの2つを誓いとし、仲間とともにがんばってきました。私が責任者になってからの9年間は、一度もライバル予備校に生徒数・進学実績で負けなかったと思っています。
高等部である創学ゼミでは、毎年多数の生徒が難関大学現役合格を果たしている。
責任者になっても原点を忘れない
2016年7月より創学ゼミの全体運営を任され「運営統括部次長」に就任しました。マネジントもやりがいがあるのですが、自分の思いが形にならずに悩むことも多々あります。そんな時は、高校生の授業を担当すると悩みが吹っ切れて新たなファイトが湧いてきます。
つながっていく教育という仕事
「教育はつながっている」と感じることがあります。私自身、高1の時に創学ゼミに通っており、当時の数学の先生は就職時に声をかけてくれた上司でした。また、私が教えた生徒が神戸大学医学部に入り、彼女はチューターとして創学ゼミに戻ってくれました。そして彼女が生徒と接する姿を見た後輩が、同じように神大医学部に合格し、チューターとして現在勤務してくれています。こんな素晴らしい仕事って、他にないと思いませんか。
現在、チューターとして 教室で教える職員の中には、かつて創学ゼミの生徒だったという人も少なくない。

33歳で教職員700名の
授業研修の最高責任者に

採用研修第2課・第4課 課長/伊川谷校 校長山下 彰洋

就職時に立てた3つの誓い
私は神戸大学工学部で人工知能の研究をしていた大学時代の4年間、学生講師としてエディックで教えてきました。両親や大学の先生は、卒業後に塾で教えるということに反対でした。悩みに悩んだ末、創造学園に入社するというわがままを通し、両親にも理解してもらえたことを思い出します。私は、就職するにあたって3つの誓いを立てました。「一人ひとりに、自分のことを最もよく理解してくれている先生だと言われること」、「エディックの中で一番数学のよくわかる先生だと言われること」「10年以内に、後輩の大学生講師や若手の先生を指導する研修責任者になること」です。
チャンスをつかみ、自分の夢を達成
創造学園は「ここにいればチャンスはいつでもそこにある」と思わせてくれる会社です。入社早々、修学旅行ともいえる中学3年生の高校合格祈願旅行があり、400名を引率する責任者に抜擢されたことも大きな自信につながりました。2016年度からは、創造学園700名の大学生職員の授業研修や、その他全ての研修の総責任者としての立場を与えられ、自分の夢を達成できました。大学生に「執行部」という役職をつくり、予算権限を与えて、企画立案の段階から私たちとともに仕事をしてもらっています。
採用から教壇に立つまでの修了検定制度や、実際に登壇してからの各種研修、学研・塾講師検定など、段階を踏んだ研修制度を整えて職員の育成に力を注いでいる。
新たな夢への挑戦に踏み出す
「大学時代の専門分野であったAIがどんなに発達しても、共存していける教育機関を創っていきたい」。ぜひ40歳を迎えた時の、もうひと回り大きくなった私を見てください。

入社5年目で学研と協働の
教育開発プロジェクトのメンバーに

教務第2課 課長代理/
創造学園個別御影校・HAT神戸校 スクールマネージャー伊藤 寛子

教育の先にある未来はひとつではない
私は個別御影校(神戸市東灘区)に責任者として勤務しています。大阪大学大学院在学中、就職活動で創造学園を受ける前に大手メーカーに内定をいただいていました。ただ、もともと教育に関心があり、大手メーカーの内定に即答できず、自問自答する日々が続きました。そして「教育の先にある未来はひとつではない」という結論に至り、メーカーの内定を辞退しました。学びを得た生徒たちがさまざまな方面で活躍していく原動力になることが、自分の本当にやりたいことであると整理できたのです。
個別指導では、生徒が発する重要なメッセージをきちんと受けとめられる「対面」指導により、丁寧に学習を進める。
大プロジェクトに最年少で参画
入社5年目の2016年、学研グループの大きなプロジェクトである「ICTのメンタリング実証実験」のメンバーに最年少で選ばれました。これからの世の中はAIの世界。教育においても人工知能が人に置き換わると言われます。私自身は「どんな職業であっても、決められたことを決められた通りに行うだけの仕事は、いずれ機械(AI)にとって替わられる」と思っています。ICT教育と人とがいかに関わるか、その中でメンターという役割の活かし方を、確立せねばなりません。今、私は大きなやりがいと責任を感じています。
女性キャリアの可能性を広げたい
職場では女性にも大きなチャンスがあります。創造学園そして学研グループの中で、今までの経験を活かし、女性キャリアの可能性を広げられる人間のひとりになりたいと考えています。
生徒の興味を引き、理解度を高めるICTも効果的に活用しながら、毎回の指導方法の改善を図り、学力向上につなげていく。